苦悩する「人間・僧侶」回答数No.2邦元和尚の生き様

1,500件のお悩みに答え、13,000件以上の「有り難し」

hasunoha 回答数No.2
神奈川県円通寺副住職 邦元さんのお話がyoutube放送になりました。

苦悩する「人間・僧侶」

hasunohaに登録しようと思ったきっかけは?
・hasunohaがあることは知っていて興味もあった。
・しかし人の悩みに応えるほどの自信がなかった。

お坊さんであり教員でもある自分も、実生活の中で悩み苦しみを持っていた。

あまりに苦しいので、カウンセラーの資格をとってみた。
悩みが取れると思った。でも知識は増えても救われない。

教員、僧侶という職業。
人を救う立場だから、人に頼れないというプライドもあった。

しかし限界まできた。

そこでカウンセリングを受けた。
そこの先生との出会い。

先生に頼りたいんだけど頼れない。
何度か通ううちに、話せるようになってきた。

あるとき先生に言われた。禅宗なら「マインドフルネスがあるじゃない」。

マインドフルネス?
そう思って本を探して読んでみた。

救いは目の前にある

禅の話だな。
そこで気づいてきた。

自分も禅僧なのに、

身近にありつつも、違うところに救いを求めていた。
目の前に禅があって救いがあるということに気づいた。

禅をもっと深めたら救われるんじゃないかと気づけた。
それを深く追求していくうちに
そのうち自分が本当に楽になってきた。

そんなときに再度hasunohaに出会った。
「回答するお坊さん募集中」という別のお坊さんの呼びかけをSNSで見た。

ちょっとやってみようかなという気になれた。

僧侶も人間

やってみてどうですか?
・一般とか僧侶とかいう境なんて結局のところないなと思う。
・やりがい。お礼のコメントで「救われました」「楽になれました」といってもらえるのが一番嬉しい。
・中にはお礼のお電話をいただくこともあり、お寺に訪ねに来てくれる方もいらっしゃった。

邦元さん渾身の生き様を語る

花鳥風月を楽しもう

人間・僧侶 邦元さんとお話ししてみませんか?
http://hasunoha.jp/temples/37281

坐禅会、写経会
月1回。第一土曜日に開催。

そのあとお茶会でお話ししたり。
楽しい休日のひとときをあなたにも。

曹洞宗 龍雲山円通寺

自然豊かな神奈川県西部に位置する山北町の寺院。

本尊を宝冠釈迦如来とし
花鳥風月を楽しみ、
山寺でのんびりと過ごす

癒しの空間を提供している。

hasunoha記事

facebook likebox

hasunoha.jpをフォロー↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA