仏教聖地インドに行ってきます hasunoha

お釈迦様悟りの地ブダガヤの菩提樹へ

hasunohaは、回答者全員がお坊さんのQ&Aサービスですが、お坊さんは仏教の智慧を一人一人の悩みに言葉を変えながらこたえてくれています。hasunohaの運営を行うのであれば、その智慧の源泉に触れることは必須であると思い続けていましたので、フリーになって一番最初にやることはやはり「インド」を見にいくことなのだと思います。

仲のよい旅行代理店の方が、ちょうどインドへのツアーを計画していたので、そのツアーに参加させてもらうことにしました。

デリー~ブダガヤ~ベナレス

今回は、ブダガヤでお釈迦様が悟りを開いたブダガヤの菩提樹の下や悟りを開く前に苦行された前正覚山で瞑想したり、スジャータさんから乳がゆをもらって正気を取り戻した道を歩いたり、まさに体験したいことがつまった旅ができそうです。
0001

ツアー企画旅行会社
株式会社 パッションフロンティア(PASSIONFRONTIER CO.,LTD.)
https://passionfrontier.co.jp


手塚治虫の「ブッダ」を読んだことがあるので、スジャータのくだりなどを実際に体験できることがとても楽しみでもあります。

ガンジス河

最後はやはりガンジス河。この聖なる河を見て何を人生に持って帰れるかわかりませんが、人間を見てきたいと思います。

インドは日本とはまったく違う国だとあらゆる人から聞きますが、日本で起こる苦しみが、「え?そんなんどうでもええやん?」くらいに人生観が変わればいいなと思っていますが、初インドに期待しすぎでしょうか。

お坊さんの浦上さんはブッダガヤで涙が流れたと言われてますね

やはりお釈迦さまがお悟りを開かれたブッダガヤ大塔が印象深いです。王道すぎますでしょうか?

10年ほど前、お坊さん学校を卒業した時、有志でインドに行くことになりました。9日間の日程、インドに滞在したのは1週間だったと思いますが、6大聖地を回るバスに乗ってばかりの旅行でした。

お釈迦さまゆかりの地では、毎回お経のお勤めをしました。どの地も印象深かったのですが、自然と涙があふれてきたのはブッダガヤでした。

https://hasunoha.jp/questions/411

hasunoha記事

facebook likebox

hasunoha.jpをフォロー↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA