新サービス「そらノート」- 亡くなった大切な人やペットに思いを伝えよう

亡くなった大切な人やペットに思いを伝えよう

このたび新しいネットサービスをリリースしました。

名称は「そらノート」です。https://soranote.jp/

そらノートとは

・大切な人やペットを亡くした悲しみを乗り越え、在りし日の感謝や思い出を伝えたい
・大切な人を亡くした悲しみを少しずつ癒して、前を向いていく応援をしたい

という思いからはじめたサービスです。

亡き人への感謝や思いを胸に、一歩踏み出していこうと思えるような場を提供できればと考えています。また、大切な人への思いを投稿し、それを読んだ同じような気持ちを持つ人と交流できるコミュニティも目指しています。

hasunohaの姉妹サイトです

そらノートを作ろうと思ったのは、hasunoha(ハスノハ)がきっかけでした。

hasuohaに寄せられる相談の中には、大切な人やペットを亡くした悲しみ、後悔の念を書いてこられる方が多くいます。

愛する人と別れなければならない苦しみは、仏教では四苦八苦の苦しみのひとつ「愛別離苦(あいべつりく)」として説かれています。

世の中には様々な苦しみがありますが、「愛する人の死」に対するお坊さんのことばで救われたと涙を流す方は後を絶ちません。読んでいて本当にありがたく、尊いと思うものばかりです。他のどんな職業、関係者(医者、カウンセラー、先輩、親、先生、親友)よりも、お坊さんのことばが、これほど響くと思うときはないのではないでしょうか。

そのようなお坊さんの尊いお話の中で、大切な人やペットとのお別れを機に、生きることの大切さや愛する人への感謝をもう一度見つめなおし、すべての人がよりよい人生を歩んでいけるような応援をしたいとの思いが日増しに強くなり、そらノートという形でリリースすることにしました。

そらノートで作りたいこと

hasunohaでは、身近な人が亡くなった悲しみや後悔についてお坊さんに苦しみとして訴えかけるものが多いです。

そらノートでは、少し時間をおいて、亡くなった人に伝えられなかったことや、感謝の気持ち、自分の心の整理にあの人やペットに手紙を書いていただきたいと思っています。

グリーフケアの役割としても、そらノートが役立っていければ嬉しく思っています。

実際に、投稿をしていただいた方から感想もいただいています。

過去を振り返るのが怖かったんですが、気持ちを切り替えることができそうです。このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

今までうちに秘めていた思いをお話しする機会を頂けました。

hasunohaと連携したり

hasunohaとうまく連携できればと考えています。

せっかく多くのお坊さんとご縁ができたので、そらノートでの投稿もhasunohaお坊さんや、さらには神父さん、シスターさんなど宗教者の方とも連携ができればと思いますし、亡き人を偲べるような新たな取り組みも追加していきたいと考えています。

スタートしたばかりの「そらノート」をよろしくお願いします。

facebook likebox

hasunoha.jpをフォロー↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA